非常食レポ:もち万年
アルファ米パンの缶詰麺類とパスタおかず系汁物・スープおやつ・スイーツその他

備食もち万年を食べてみよう!

長期保存食を対象とした食レポを始めて数年が経ちますが、さすがに100食を超える商品を食べていると、中にはあまり美味しいとは言えない(ただし、好みもあるので、よっぽどのことがない限りマズイ!という言葉はできるだけ使いません)非常食に遭遇することがあります。

mochi1例えば、【食レポ7】で紹介したおむすびころりん本舗の『水もどりあんこ餅』がそのひとつ(ただし、この商品はマズイというよりも、単に私の好みではなかったというだけ…)で、あれ以来、即席もちを食べるのは避けてきましたが、あれから数年経った現在、なぜか再び即席もちが食べてみたくなったので、他メーカーの即席もちを購入し、試食してみることにしました。

その商品が『備食もち万年』です。

同商品を食べた方のコメントやレビューなどを拝見すると、思いのほか評価が高いので、本当に美味しいのか実際に食べて判断してみたいと思います。




北陸製菓の備食もち万年とは?

『備食もち万年』という即席もちの総発売元は、石川県金沢市に本社を構える北陸製菓株式会社です。

ホッカの愛称で親しまれている同社は、主にビスケットや煎餅などの米菓を製造、企画、販売する菓子メーカーですが、私が調べたところによると、『備食もち万年』の製造元は、どうやら『水もどりあんこ餅』で私が低評価をしたおむすびころりん本舗株式会社のようです。

となると、食べなくても既に評価が出てしまったような気もしますが、今回は〝あんこ〟ではなく〝きなこ(あべかわ)〟になるので、少しは違った結果になることを期待したいところです。

というわけで、まずはパッケージチェックから・・・
mochi2
1辺が17~18cmほどの正方形の形をしたパッケージで、厚み(約2cm)がなく、何より軽い(総重量:53g)のが魅力的です。

そのため、非常持ち出し袋に入れておくなど、携帯にも適した非常食といえますが、強いてマイナス点を挙げるとするなら、角丸加工(レジ袋などの薄い袋に入れても破れにくい)がほしいところです。
mochi3
一方、パッケージ裏面には、原材料名や作り方、賞味期限などの基本情報(カロリー表示はない)が記載されていますが、ひとつ気になったのは、黄枠で囲った注意点の内容です。
環境温度が15℃以上になる場所で保管した場合は商品を3年で入れ替える事をおすすめ致します。
『備食もち万年』の賞味期限は製造日より5年間となっていますが、上記注意点に従うなら、常温保存の場合は3年を目途に交換した方が良いということになりそうです(国内に気温が15度を下回る地域は少ないかと…)。

おそらく、よほど高温の場所で保管しない限り、5年程度は持つだろうとは思いますが、なんとも気になる注意書きであることは確かです。
mochi4
さて、切り口に沿って袋を開封し、中身を取り出してみると、トレー入りの乾燥餅と小袋に入ったきな粉、そしてプラスティック製の楊枝(直径8cm)が入っていました(脱酸素剤はなし)。
mochi5
乾燥餅は計6枚、『水もどりあんこ餅』に入っていた餅に比べると、気持ち小さい(5.5cm×3.7cm×7mm)気もしますが、ほぼ同サイズといって良さそうです。

餅自体は硬く表面がザラついており、特にこれといって匂いもしない落雁のような見た目は、やはり『水もどりあんこ餅』の餅と変わりありません。
mochi6
一方、乾燥餅が入っていたプラスティックトレーですが、こちらは調理時に使用するため、捨ててはいけません!

お皿などが用意できない災害時は、「水皿」という文字が見えるトレーの左側で乾燥餅を水で戻し(水は捨てる)、戻した餅を右側に移し、きな粉をまぶして食べることになります。

ではさっそく、調理というほどの作業ではありませんが、きな粉餅が食べられる状態にしてみましょう!
mochi7
餅を沈めてもトレー(水皿側)から水がこぼれない程度まで水を注いだら、水皿に乾燥餅を沈めます。

※調理アドバイス:水を注いでから餅を沈めると、水が溢れてこぼれることがあるため、先に餅を並べてから水を注いだ方が水が溢れる心配はありません(調理によって味が変わることはありませんが、水皿で一度に6枚作ろうとすると、モチが取り出しづらくなる恐れがあるので要注意!)。

あまりにも早いため、正確な時間は計測できませんでしたが、カッチカチだった餅は10秒もすれば十分な柔らかさになります(この点は、『水もどりあんこ餅』の餅と同じ)。

餅が柔らかくなったら、一旦水を捨て、隣の受皿にきな粉をのせれば完成です!






備食もち万年を食べてみた感想と非常食としての評価

それでは、完成した水もどり餅にきな粉を付けて食べてみたいと思いますが、まずは餅のモチモチ感をご覧ください。
mochi8
附属の楊枝を餅に突き刺し、きな粉をのせた受皿に移動しようと持ち上げたところ、餅があまりにも柔らかく伸びが良いため、うまく持ち上がらず、下に落ちてしまいます。

しばらく悪戦苦闘して、ようやくきな粉と絡めたきな粉餅が左の画像です。
mochi9
さらに水皿に乾燥餅を3枚入れて餅を作り、お皿にのせてきな粉をまぶした即席きな粉餅の画像がこちらになります。
mochi10
見た目は、とても美味しそうに見えますが、味の方はどうなのか、さっそく一口食べてみたところ、うまい!

・・・・あれ?

冒頭でも触れたように、期待はしていなかったのですが、予想に反して美味しい!!

餅は見た目どおり、非常に伸びがよく、噛めば噛むほどモチモチとした食感で、その柔らかさは不自然なほどですが、きな粉をまぶしたきな粉餅として食べると、なぜかこの即席きなこ餅は不思議とウマいのです。

製造元が同じであるならば、おそらく『水もどり餅』シリーズと同じ乾燥餅を使っていると思われますが、なんとなく『水もどりあんこ餅』の餅よりも美味しく感じられるのは、やはり気のせいなのでしょうか。

きな粉の香りや甘さが強い(『備食もち万年』のきな粉は甘すぎるといった評価もありましたが、個人的には、きな粉餅としての甘さとしては、これくらいがちょうど良いような気がします。)ため、あんこ餅よりも食べやすくなっていたのか、品質改良によって味が変わったのかは不明ですが、今回の予想外の美味しさに、他メーカーの即席餅も食べてみたくなったのは確かです。

ただし、味自体は個人的に満足のいく結果となりましたが、いくつか気になった点もあるので、最後にまとめておきます。

北陸製菓の『備食もち万年』を食べてみたくなった方は、少し参考にしてみてください。
もち万年 水もどり餅
定価
(税抜)
320円 440円
枚数 6枚 10枚
内容量 45g 73g
商品

まとめ
mochi11

2017.11.10 掲載


震災対策の知恵袋
Copyright© All Rights Reserved.